<   2007年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

初めてづくしで

c0087863_14291550.jpg

よこはま動物園(ズーラシア)にいる。
キジの一種をケータイで流し撮り(^^;)。
[PR]
by Alamimo | 2007-03-31 14:29

夜桜

c0087863_116397.jpg
実は生まれて初めて千鳥が淵にお花見に行った。寒かった。ものすごい人だった。でも桜はものすごくゴージャスで美しかった。

c0087863_1195785.jpg
会社帰りだし、カメラは持って行かなかったので、300万画素CCDカメラ搭載の携帯で何とか撮影。待受け画面サイズ以外で撮ったのは久しぶりだ。
[PR]
by Alamimo | 2007-03-31 11:13 | 自然

いよいよ

昨日Nさんから電話とFaxあり。

今週候補の建築会社4社に現地に来てもらい、現場説明会をする。その後再来週中頃までに見積りを提出してもらって、4月第三週には業者決定、その週末に地鎮祭予定。

うぉー、一気にゴー。
[PR]
by Alamimo | 2007-03-29 08:50 |

ちょっと悩んでいる洗面所

Molly's Cottageの洗面所はやはり大工さんに作ってもらう予定になっているが、今少し悩んでいる。

大工さんは建具屋さんとは違って、引出しを作れないという。洗面所に引出しがないのは非常に不便ではないだろうか。それともそれは固定観念で、引出しなんぞなくてもいいのだろうか、と結論が出せないでいる。引出しが欲しかったら、やはりメーカーの既製品を選ばなければならないのだろうが、う~む。

あまり買い置きはしない方だけれども、でも歯ブラシや石けんの類は多少買い置くだろうし、やっぱり引出しはあった方がいいかなぁ。
[PR]
by Alamimo | 2007-03-28 12:53 |

暖かい家に住みたい

私の実家は福島県の会津若松市にある。冬は軽井沢ほど気温は下がらないと思うが、毎日真冬日が続く雪国だ。

私は昔から寒いのが苦手だった。私が子供だった頃の田舎の家は断熱などという概念はまったくなく、真冬は家の中でも濡れたタオルが凍ることがある。当然シングルのアルミのサッシはストーブを焚いているときは結露でびしょびしょになっており、朝にはそれがきれいに結晶を作って凍結する。結露が大量発生しても、風通しがいいのでカビは生えない(^^;)。北海道の家は、家中が暖かいと聞いてどんなにうらやましかったか。会津の連日の雪空を眺めていて、テレビの天気予報の、東京の晴れマークがどれだけ恨めしく思えたか、今でもよぉーく覚えている。

でも東京の大学に入学して、天気はよくてもやっぱり冬は寒いのだと実感。学生時代も古~い家で、しかも暖房器具はこたつだけだったので、ほんとに寒かった。

続きを読む。
[PR]
by Alamimo | 2007-03-27 20:06 |

実家に帰ってました

土・日と1泊2日で実家に戻っていた。昨日が父親の一周忌だったのだ。去年は非常に寒く、お通夜の日は大雪で遠方から来られた方は大変だった。

昨日はお天気こそ悪かったが、気温はそんなに低くなくて助かった。無事終わった。

私は積雪時以外は実家には車で帰るのだけれど、今回は1泊なので前日まで新幹線で帰るつもりでいた。でも前日の夕方になって、どうしても電車(新幹線)で帰る気になれず、当日も悩んだ末に車で帰ることに決めた。お昼ごろには藤沢を出るつもりでいたのに、知り合いのお店に挨拶に立ち寄ったらすっかりおしゃべりしてしまい、その後小田急デパートでおみやげなどを買って藤沢を出たのが2時半。それでも湾岸の大井から有明まで5kmほど渋滞していたものの、夕方7時ごろには到着できるかなと思っていた。ところが走り進むにつれて、東北自動車道通行止めの表示が。。。

続きを読む。
[PR]
by Alamimo | 2007-03-26 12:45 | 日々の出来事

クロッカス

c0087863_15234853.jpg

c0087863_15234846.jpg

実家の庭にて。雨は上がったけど、曇天のまま。

スジスジのクロッカスって初めて見た。
[PR]
by Alamimo | 2007-03-25 15:23

ハカセとしょうがぱん

c0087863_1448720.jpg

再会を喜んだ後で、何か話し込んでいるハカセとしょうがぱん。

つかの間の再会だ。この後しょうがぱんは富山に帰る。
[PR]
by Alamimo | 2007-03-25 14:48

昼休みに

c0087863_13293919.jpgどこの公園に行ったの、と聞かれそうだが、東京国際フォーラムのネオ屋台村。フォーラムの中の「ごはんcafe」で今日のランチ。ここの五穀米がおいしい。今日は本当に春うららかな日和だ。

c0087863_13295463.jpgそして有楽町ビル前にいたすっごい変な牛。赤いフジツボみたいなボツボツはチューリップの花だ。

牛よ、なぜこんな姿に…。
[PR]
by Alamimo | 2007-03-23 12:58 | 日々の出来事

床暖房

何度か書いているけれど、Molly's CottageはIZENAという会社の床暖房を採用することにしている。実はこれがメインの暖房で、薪ストーブはあくまで補助的なものになる。

この「アクアレイヤーヒーティングシステム」について、どれだけ書いたか忘れてしまったが、これは今までの床暖房の考え方とまったく違う。今のマンションの床暖は「東京ガス」だ。スイッチを入れると比較的短時間で床が暖まってくる。約60℃のお湯が温水マットを循環すると書いてある。

温水という点ではIZENAも同じだが、私にもわかる相違点が3つある。大きく違うのは水の使い方だ。東京ガスは温水を循環させるが、IZENAはあらかじめ水のパッドを床下に敷き詰めており、その水を温めて蓄熱させる、となっている。「蓄熱」という点で、汎用性のある物質の中では水は特段に優れているということだ。もう一つ違う点は水の温度。東京ガスは60℃のお湯を循環させるが、IZENAは水のパッドを直接30数度に温める。その程度の温度なので床に触って暖かいとは感じないらしい。いちばん大きく違うと思われるのがスイッチのオン・オフ。今の床暖は必要に応じてその都度スイッチを入れたり、切ったりする。(一度だけ猫のためにと思ってスイッチを入れっぱなしにしたら、ガス代がえらいことになった。)IZENAは冬が近づいて寒くなってきたら、スイッチを入れる。そしてその後、床暖が必要なくなる季節になるまでオフにすることはない。あとは自動で深夜電力で稼動し、朝になったら切れる、を繰り返す。日中は先に述べた水の畜熱作用で家は暖かいままということになる。

なので2~3日家を空けることがあっても、家が冷え切ることはない。もちろん猫たちがいるので、留守にする場合でも冬は暖房は欠かせないから、このIZENAのシステムは本当にありがたい。水道の配管なども寒冷地仕様にする必要がないということだ。

すでにこのシステムで暖房しているお宅の方が、冬は家全体が温水に包まれているような感じで、本当に気持ちがいいとおっしゃっていた。軽井沢の冬が楽しみな理由の一つだ。

さて肝心の水パッドの温め方はまた今度。
[PR]
by Alamimo | 2007-03-22 20:12 | 設備