<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

来週は

軽井沢でミーティング。思えばちょうど2年前の12月で軽井沢でミーティングをしたのがすべての始まりだった。

軽井沢はそれまで数回行っただけで、好みの場所だけど自分には関係ないと思っていた程度。でも「「始まりはMさん」と出会って、軽井沢で会議をして、すべてが一気に動き出してしまった。

冬の軽井沢は確かに気温は東京よりずっと低かったけど、雪国出身の私には何だかなつかしい凛とした寒さで、寒いのは嫌いだったはずなのにとても居心地がいいと思ってしまった。そこで気が付いたのが、「ああ、私は寒い家が嫌いなのであって、寒冷地が嫌いなわけではないんだなー」ということ。「その頃作り始めたブログ」「ここにMolly'sとの出会い」が書いてあります。

最近ブログを通して軽井沢に家を建築中、もしくはすでに移住している方々と知り合いになれてうれしい。皆さんそれぞれの思いを込めて家作りをされている。そして私はちょっと行き詰っている。N先生の図面はとてもすばらしいのだが、本当に「私の思い」が反映されているのかどうか、わからなくなってしまっているのだ。細かいことを言い出せばキリがないし、予算も限られている。その中で何を優先し、何をあきらめるのかの判断がとってもむずかしい。何だか悩むなぁ。
[PR]
by Alamimo | 2006-11-30 12:59 | 日々の出来事

カタログ請求

なかなかショールームに行けないので、とりあえずINAXのカタログを請求した。11冊ほど(^^;)。大体が40~50ページ、モノによっては100ページを超える。どんな量で配達されるやら。宅配ボックスに入れられたら重くて運べないかも。

ネットで見ただけだと、水栓系はあんまり好きなものがなかったな。
[PR]
by Alamimo | 2006-11-27 21:42 | 家具・家電

無事帰宅

昨日の富山は雲一つない快晴。お天気はまったく期待していなかっただけに、うれしい誤算で、妹の夫のNyさんに山の写真を撮れる場所に連れて行ってもらった。ここまではっきり山を見られるのはあまりない。

まるでなんちゃってバンクーバー(^^;)。(まあ実際は全然違います。)
c0087863_1834375.jpg

山をちょっとズーム。
c0087863_18361984.jpg

さらにズーム。上の写真の左部分、立山連峰、剣岳です。
c0087863_18364725.jpg

とても素人には登れそうもない山だけど、中高年の登山家もけっこう登るらしい。妹いわく、ピッケルなどの装備は必要なく、垂直近い壁を鎖を握って登れるのだそう。当然鎖を離したら終わりだ。やっぱり私は登らなくていいや。

この写真を撮った富山環水公園は名前の通り大きな池もあって、たくさんの水鳥が羽を休めている。鳥見小屋から小鴨や尾長鴨を見ていたら、突然目の前を2つの青い光が飛び去っていった。Nyさんが、あ、カワセミだと言う。これも初めて見たよ。ものすごくきれいな青だった。ほんとにゆっくり近くで見てみたい。テレビで見るよりずっと輝いている青。びっくりした。

今朝の出発は
[PR]
by Alamimo | 2006-11-26 18:55 | 自然

奥飛騨湯の花街道

今日は午前10時半に軽井沢を出発。富山までは約240km。5時間くらいで行ければと思っていたけど、30~40分の休憩を2回取って、到着は午後5時半だった。途中渋滞はなかったのだが、道路工事で片側通行になる部分が多く、だいぶ待たされたのと、最初におバカなナビを頼ってしまったのが敗因。

出発直前に一枚。ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢の最後の紅葉。
c0087863_2034423.jpg


軽井沢から松本へ抜け、松本から上高地、奥飛騨を通って富山へ入るルート。神通川沿いの奥飛騨湯の花街道は本当に景色がきれいだ。あと10日早かったら、どんなにすばらしい紅葉だったことか。今日はその名残で我慢。

またしょうもない写真数枚。
[PR]
by Alamimo | 2006-11-24 20:44 | 自然

休憩中

c0087863_15232937.jpg
コーヒーブレイク中のハカセ。

ここは飛騨市と高山市の境の駒止橋。大変風光明媚である。
[PR]
by Alamimo | 2006-11-24 15:23

今日のMolly's

c0087863_21265097.jpg

お天気はあまりよくないと覚悟していたけど、高速の途中ですごくいい天気になってきた。でも残念ながらMolly'sに到着したときは薄日程度。

樹木を移植してくれるという「しいある倶楽部」の方とAGさんがずっとやり取りをしてくれており、今日は現地で待ち合わせとなった。AGさんを用賀駅でピックアップした後、渋滞もなく快調に碓氷・軽井沢インターまでやってきたが、インターを出て登り始めたところで突然大渋滞になってしまう。引き返して別の道を行く。

Molly'sの木々はほとんど裸になっていて、地面は落ち葉でザクザク。しいある倶楽部の方とお会いできたが、20本ほど移植してもらいたい木の中で、5本程度いただきますということになった。期待していた割にはちょっと肩透かし。そうなると他は伐採するしかない。ほとんど薪ストーブに気持ちが固まっているので、何とか薪にして利用しよう。プラタナスのMollyにも陳謝し、薪として活躍してくれとお願いした。

冠雪の浅間山。噴煙があがっているのがよくわかる。
c0087863_213033.jpg


あと写真2枚
[PR]
by Alamimo | 2006-11-23 21:33 | 土地

第5回(だっけ?)打ち合わせ

N先生のオフィスへ。前回いただいた平面図の案で基本はOKだったので、今日はマイナーチェンジ。2階のトイレの場所、和室の窓、玄関の変更など。あと壁に取り付ける猫用ステップの写真なども持っていって、N先生にどんなものか見てもらったり。何だかすばらしい家になりそうで(^^;)、ほんとに自分の家なのか、夢じゃないのか、と心配になってしまった。

早くお風呂、トイレを決めなければ。軽井沢でのメンテを考えると、やはり大手のINAXかTOTOが無難だそうだ。

懸案のストーブ。いまだ逡巡している。日本で長時間の停電は考えにくいが、絶対ないとは断定できない。人間だけだったらどこからかお湯をもらって、湯たんぽでも抱えて羽毛布団にくるまっていれば何とか凌げると思うけれども、猫たちのことを考えるとやはり薪ストーブか。今度実際に薪ストーブを使っているお宅にお邪魔して、使い勝手を見せてもらおうかと思う。

今日は友人が会社近くまで来てくれて、銀座で寿司ランチ!しかもタムロン90のマクロレンズを使ってみて~と貸してくれた。それで早速ミミィを激写。うう、物欲がフツフツと。。。でもストロボも焚かずに撮ったこの写真、Pentax K100Dの手振れ補正も見事。

明日はまた軽井沢。1泊して金・土と富山へ。
c0087863_21412419.jpg

[PR]
by Alamimo | 2006-11-22 21:45 |

筋肉痛

ならなかった!

まあ翌日ではなく、翌々日である今日あたり来るかと思ったけど(^^;)、ストレッチとお風呂の中でのマッサージがよかったのか、全然痛くない。まさか明日来るの??

確かNHKの試してガッテンで言っていたのだと思うけど、年を取ると筋肉痛が2日後、3日後に出てくるというのは老化のせいではないそうだ。年を取ると翌日に筋肉痛が出るほど無理をしなくなる、というのが正解だそうだが、まあある意味年のせい、と言えなくもない(^^;)。

土曜日に歩いていて、いちばん痛くなったのは左足のアキレス腱の辺りだった。登山靴でないので、足が滑る、小石を踏む、などが続くと負担が大きくなるみたいだった。今度はちゃんと登山靴を買ってしっかり歩いてみたい。あと太ももの筋肉を鍛えないと、上りがきつそうだ。山歩きに目覚めるか!?

くすんだ紅葉もまた雰囲気があってよかった。手前は真っ白な河原です。白飛びするほど白かったんだー。
c0087863_20262746.jpg

[PR]
by Alamimo | 2006-11-20 20:26 | 自然

紅葉探索(のはずだった)

c0087863_2284572.jpg
西丹沢へ行ってきた。午前中は思いのほか天気がよく、紅葉もまだかなりきれいだった。
c0087863_2213656.jpg

吊橋を渡って山の中へ。この写真は山を背にしている。
c0087863_22121888.jpg

これは吊橋から上流を眺めた景色。
c0087863_22134425.jpg

簡単なハイキング程度を考えていた私はまず一つ目の堰を目の前にして、あっという間にやる気をなくす(^^;)。が、ここであきらめるのはあまりに情けないので、我慢して堰を越えるための階段を登ると、白い河原が広がっていて、そこから山登りのアプローチが始まった。

こんな山道を歩くのはものすごい久しぶり。軽井沢生活のための第一歩だなと感じる。

こんな橋や、
c0087863_0201622.jpg

こんな橋も渡る。
c0087863_0205210.jpg


写真多数です。
[PR]
by Alamimo | 2006-11-19 00:42 | 自然

森の本

以前ブログのどこかで紹介したことのある、ネイチャープロ出版の「森の本」。最初に読んでけっこう深い感銘を受けた。今も枕元に置いて時々読み返している。

例えば、
- カタクリは芽が出てから花が咲くまでに10年近くかかる。
- 楢の木のどんぐり、たくさん地面に落ちて芽をだすけれども、大木になれるのは100万分の1の確立。
- アメリカのレッドウッドという樹木(別名セコイア)は樹高が110メートルにもなる。そしてその根から水が110メートル上まで引っ張りあげられ、葉に行き渡る。

などなど、植物の持つ不思議な力について短い文章で書かれている本だ。これを読むと、自分はその自然の力をきちんと感じられる人間になりたいと強く思う。自然を侮らず、不平を言わず、淡々と暮らしたい(とかっこよく書いてみる)。そういう意味で、私はもっと山奥でも暮らせるのかもしれないとも思うこともあるけれど、そんな中めぐり合ったのはMolly's。本格的に土地を探し始めようと決めて、最初に出会ったMolly'sとの縁を大事にしたい。

というわけで(って全然関係ないのだけど)、明日は自然の驚異を感じるために(^^;)丹沢紅葉探索に行ってきます。
[PR]
by Alamimo | 2006-11-17 13:08 | 自然