<   2006年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

床の色

昨日新宿のACTUSに入った瞬間、目を引いたのは床だった。無垢材でかなり白っぽい。思わず店員さんに、これは何の床材ですか?と聞いてしまった。ホワイトオークということだった。

濃い目の色がいいと言い張っている私だが、この手の白っぽい床はおもしろいかもしれないと思ったとたん、混乱してきた。いやはや、ちゃんと後悔のないように決められるんだろうか。

大平一枝さんの「世界でたった一つのわが家」はおもしろい。実際に家を建てた人の成功談、失敗談は読んでいて参考になるかな思って買ったわけだが、だからといってじゃあ自分が何を選ぶか、ということに対して必ずしも手助けしてくれるわけではない。

時間はまだあるから、落ち着いて考えなきゃ。でも考えすぎないようにもしなきゃ。
[PR]
by Alamimo | 2006-10-31 22:21 |

ACTUS

今日は初めて「リンパマッサージ」なるものを受けてきた。場所は新宿3丁目。会社から思いのほか早く到着できた。地下鉄を降りると、インテリアショップのACTUSがある。実は初めて入った。(ACTUSが入っているビルで働いていたのは遠い昔…。そのときはACTUSはありませんでした。)

これが今すぐ欲しいっていうものはなかったけれども、品揃えが藤沢のインテリアショップとは全然違うんだなーとちょっとカルチャーショック。まあ客層も全然違うんだろうけど、今まで安易にその辺のお店で雑貨類やキッチン用品を買っていたことをいたく反省。せっかくステキな家を建てても、中身がどうでもよくなってしまっては元も子もない。

うー、また俄然やる気が出てきたぞ。いろいろ見るっ。
[PR]
by Alamimo | 2006-10-30 22:41 | インテリア

一つ誤算が…

軽井沢に引っ越したら、当然新幹線通勤となるわけだが、何と軽井沢からではもう座れない可能性が!

それは困った。とても困る。こうなったら毎朝5時起きして6時40分軽井沢始発に乗るか、1時間20分(朝はそれくらいかかる)立っていける体力をつけるか。早起きするほうが楽かな。

東海道線みたいに朝は3分おき、というわけにはいかないから、覚悟は決めなきゃね。
[PR]
by Alamimo | 2006-10-30 12:57 | 日々の出来事

そうそう

すっかり書くのを忘れてしまったが、昨日軽井沢に行った理由は、ただ行きたかったのとKさんご夫妻にお会いしたかった以外に、賃貸物件を見てみるということがあった。

朝からラフォーレさんの温泉に入り、のんびり朝食を食べ(至福に近い)、11時にチェックアウト、11時半にH不動産屋さんへ出向いて賃貸物件4件を見せてもらった。一戸建てはなく、すべてアパートだった。1件だけ、猫がいなかったら今すぐ引っ越してもいいかも、と思う築4年のきれいなアパートがあったが、やはり今の荷物と猫4匹には狭い。数ヶ月とはいえ猫たちがかわいそうだ。他はすべて窓もシングルで、ちょっとここでいきなり軽井沢の冬を過ごす自信はない古いアパートだった。引越しの手間や猫たちのことを考えると、家ができる前に軽井沢に引っ越すことはほぼあきらめた方がいいという結論だ。建築中頻繁に現場に通うことはむずかしくなるけど、しょうがない。

佐久からの帰り、ずっと高速道路を運転するのはいやだったので、また佐久甲州街道で中央高速の須玉インターまで下りていった。AGさんと帰ったときは中央道が渋滞だったので大月で降り、上の原の街中の渋滞などもあって8時間かかったが、今回は5時間くらい。中央道に渋滞はなかったけど、やはり相模湖インターで降りてから時間がかかってしまった。Kさん宅を出たのが確か4時半過ぎ、到着は9時45分。チャングムにじゅうぶん間に合った。

ところで、私はスピード狂ではない。(本当です!)ただしゃきしゃき運転したいので、高速道路の追い越し車線を時速90kmで走っている車とか、法定速度40kmの道路を35kmで走っている車とがあるとちょっとイライラしちゃう(^^;)。あと高速に入るときに時速60km程度にしか加速しないで本線に入っていく車を見ると、危ないなぁと思う。高速道路の低速走行は思いのほか危険だったりするのだ。

昨日も案の定追い越し車線をゆっくり走っている車があった。しかも黒っぽいミニバンでテールランプも暗く、近づくまで本当にわからなかった。まったくもう、と思いつつ走行車線の方から追い抜く私(^o^;)。ああいう車があるから渋滞したり事故ったりするんだ、とブツブツ言いながら追い越し車線を走っていてふとバックミラーを見ると、赤色灯をつけたパトカーが後ろにピタリ。

心臓一発狙い撃ち、ズドーン。

うわぁ、と速度を見ると時速107km。「わ、私じゃない??」すぐに走行車線に車線変更するとパトカーは音もなく私を追い抜いて走り去っていった。サイレンは鳴らしていなかったけど、ちょっと前に恐らく時速150km以上で走っていったロータスエリーゼがいたので、それを追いかけているのかと推測。

あああ、びっくりしたー。ほんとに心臓止まるかと思った。よかった~~~(;_;)。

相模湖インターまでの間で、つかまっているロータスエリーゼは見かけなかったので、逃げ追うせたのだろうか。

スピードの出しすぎには気をつけましょう。でも私は出す気がないのに、気がついたら車が勝手に…(と車のせいにするのもやめましょう。)

今回もいろいろお世話になりました!Mさん!
[PR]
by Alamimo | 2006-10-29 11:47 | 日々の出来事

昨日のMolly's

c0087863_8442452.jpg
昨日軽井沢はものすごく快適だった。一昨日の夜、高速の途中で雨になり、インターを出る前から霧が出てきた。登るにつれて霧は濃くなって、前がほとんど見えないほど。ところが浅間プリンスホテルを通り過ぎたとたん、ふっと霧が消えて雨もやんでいた。何だか不思議の国から現実に戻ったような気がした。

Molly'sは一面プラタナスの落ち葉で埋め尽くされている。紅葉はあんまりきれいではなかった。赤く紅葉する木が全然ないせいもあるけど、元々今年は暖かく、風も強くて全体的に紅葉はイマイチらしい。紅やオレンジ色に紅葉する木を植えてもらわねば。

c0087863_845447.jpg
南側から撮影。この奥まった付近に家が建つ予定。
c0087863_8451757.jpg
密林側。

c0087863_8453646.jpg
ラフォーレさんの前庭はとってもきれいだった。ご覧の通り、お天気はばっちり。

その後佐久のKさん宅へ。
[PR]
by Alamimo | 2006-10-29 09:36 | 土地

久しぶりにMolly'sへ

週末やっと軽井沢へ行ける。ほぼ一ヶ月ぶりだ。28日(土)がラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢さんが予約がいっぱいでダメだったので、明日金曜日の夜出かけて、土曜日一日ゆっくりしてくることにした。賃貸物件も一軒案内してもらう予定。

でも軽井沢の賃貸の話は引き続き難航しており、ほぼ不可能かなと思っている。まあしょうがない。
[PR]
by Alamimo | 2006-10-26 12:40 | 土地

自分の好み

友人から「床と壁にはお金をかけよう」というコラムを教えてもらった。これを書いた大平一枝さんの「世界でたった一つのわが家」も早速Amazon.comで買ってしまった。参考になればいいけど。

私は自分の好みに自信がない。床の色だけはわがままを言ってN先生を困らせているが、何しろ家を建てようなんてつい最近までまったく考えてなかったわけだし、家を建てるならお風呂はこれで、キッチンはあれ、とか、窓はこれこれ、とか、ノーアイデアこの上なしなのだ。

ぼんやりとこんな感じがいいかなぁ、と思っていた家々は、N先生にお会いして一掃されたし(それはほんとによかった!)、次のこだわりがなくて困ってしまう。じゃあ何でもいいかというと、絶対そうではない。

昨日はちょっと失速気味だったが、回復が早いのが私のええところだ(^^;)。これはちょっといろいろ見て調べて絶対に納得の行く家造りを!と気負う調子に乗るところが私の悪いところ。まあまあ落ち着いて。着工まで4ヶ月もあると言えるし、4ヶ月しかないとも言える。N先生と相談して自分でできることをやっていこう。

新宿のOzoneにも行きたいし、ショールームも行かなければならないし、その合間にMolly'sにはできるだけたくさん行きたいし、疲れただの人間がいやだだの言ってる場合ではないぞ。
[PR]
by Alamimo | 2006-10-25 13:12 |

ちょっと独り言

軽井沢に住みたい理由はいろいろあるけれど、第一に環境だと思っていた。おいしい空気、静けさ、たくさんの樹木。でももしかするといちばんの理由は人間かもしれないと思った。

都会の人々のマナーの悪さは時々言語を絶する。特に朝の通勤時の人々のイライラは見ていてもつらい。エレベーターを降りようとしたら、こっちが降りる前からいきなり乗り込んでくる立派なみなりのおじさんたち。ビルのドアを開けて、次の人が来る気配がしたのでそれまで押さえていたら、礼も言わずにラッキーとばかりすり抜ける若い女性。体の不自由な人が電車に乗ってきても誰も席を譲らない。ベビーカーと大荷物を抱えたお母さんがいても、誰も手伝おうとしない。みんな本当に本当に自分のことしか考えられなくなっている。

こういう人たちから逃れたいんだ。

軽井沢から新幹線通勤をしなければならないけれど、軽井沢という場所を得てしまったらもう都会には行きたくなくなるかもしれない。文字通り、都会の生活に疲れちゃったのは確かかも。ちょっとスランプ気味。
[PR]
by Alamimo | 2006-10-24 21:05 | 日々の出来事

モデルハウス

c0087863_13571338.jpg神崎建設のモデルハウス(何とかして、階段下の荷物と右側の意味のないレンガ)、インターネットで見たとおりデザインは正直言って(困った)という感じだったが、材料を自慢するだけのことはあった。木の香り、感触ともにほっとするような、落ち着くといったような印象を受けた。無垢材の良さはわかった。でもせっかくのいい材料なのに、あのデザインでは全然生かされていないのが本当に残念。

この建設会社が施工している建築途中の家も見せてもらったが、ちょうどお風呂にひのきか青森ひば(どっちか忘れちゃった)を貼ったところで、本当にいい香りだった。その現場で青森ひばの木片をもらったのだが、ずーっと嗅いでいたいほどのいい香りである。家に帰って猫たちに匂いを嗅がせたら、モモ君が気に入ったようで、スリスリし始めたのでちょっとびっくりした。枕元に置いておきたい。

c0087863_2248717.jpg建設現場の後、上野毛のキッチンハウスへ。実は目的はキッチンではなく、天然木のお風呂だった。カナダのひばの木を使っているということだ。当然ユニットバスではない。実際に見てたいそう気に入ってしまった。カビが出ないようにセラミックコーティングがしてあるということだが、まったく出ないとは限らないし、ユニットバスに比べて手入れが大変なことは確か。要検討。

システムキッチンも一般の国内メーカーのキッチンに比べるとずっとセンスがいいような気がするけど、他のは見ていないので、まだ何ともいえない。やっぱりこれからいろいろ見ていかなければ。楽しいような、大変なような。
[PR]
by Alamimo | 2006-10-21 22:38 |

明日は

初めてのモデルハウス見学に行ってくる予定。「いい家は無垢の木と漆喰で建てる」を書いた人の会社だ。「何なんだ、この現実離れしたありえないモデルハウスは」と思ったら、社屋ということなのね。でもこんなデカイ家見せられて、実感はわかないと思う。ただ無垢の木の感触というものを確かめたいと思った。

本の方は、どこを開いてもヒノキ最高、青森ヒバ最高、米ツガ材最悪、としか書いてないような印象。建築関連の本って、自分のやり方や自分のところで扱っている材料だけが何が何でもいちばんよくて、他の工法や建築材料をこき下ろさないと気が済まない、といった類が多いような気がする。

モデルハウスは杉並区今川というところにある。あと、まだ時期尚早かもしれないが、時間があったら帰り道の途中にある「キッチンハウス」のショールームにも寄ってみようかと思う。

「葉山ガーデン」という家具屋さんでキッチンも扱っていて、ちょっと興味があるのだけれど、何だか高そうだ。。。

唯一軽井沢の件を話している会社の友人二人が、今度ナショナルとINAXのショールームに付き合ってくれることになった。二人とも自宅を建てた経験があるので、いろいろな体験談がとてもおもしろくて役に立つのであった。キッチンハウスを教えてくれたのもこの友人の一人。
[PR]
by Alamimo | 2006-10-20 13:07 |