<   2006年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今回が

c0087863_1958557.jpg見納めかもしれないMolly。

今朝は朝6時50分に家を出た。中央高速の長坂インター出口に午前10時集合だった。ナビがバカだったのと、私がもっとバカだったせいで、厚木経由八王寺インターということになってしまった。でも何とかちょうど10時に到着できて、ほっ。

その後N先生が設計したT邸とY邸、そしてN先生のご友人のN邸へ。Molly'sに到着したのは午後5時になってしまった。

お邪魔したお宅の写真を何枚か撮らせていただいたのだが、肝心のカードリーダーを忘れてアップできない。

さあこれからホテルの温泉に入ってこようっと(^^)。
[PR]
by Alamimo | 2006-09-30 19:58 | 土地

電気の周波数

日本の電気の周波数は東と西で50Hzと60Hzに別れている。今日の朝日新聞にその周波数の記事があった。私は関東以北は50、関西あたりは60とざっくりと覚えているだけだったが、詳しくは北海道、東北、東京が50Hz、北陸、中部、関西、中国、四国、九州、沖縄が60Hzで、境界は静岡県富士川と新潟県糸魚川市を結んだあたり。

そこでふと思った。長野県は中部地方だ。じゃあ軽井沢も60Hzなんだ。へぇぇぇ。

まあそんなに驚くことではないけれど、周波数が違うと、何となく文化も違うような気がしていたのだった。

今の家電はほとんどがインバーターで周波数を制御しているので、どちらの周波数での使用も問題ないけれど、そういえば、はるかむかしむかし、大阪から東京に転勤してきたある人が、炊飯器が使えないって言ってた。(いつの話だ!)

ちなみに富士川を渡る東海道新幹線は、自前の変電所を使って最初っから60Hzで走っているのだそう。そして我らが長野新幹線は軽井沢-佐久の間で50から60に変わるのだそう。車両にその仕掛けがある長野新幹線は、日本全国どこの新幹線の線路も走ることができるのだそうだ。

以上、今日は全体が覚書的内容でした。実生活に役には立ちませんが(^^;)。
(というか、こんなこともう皆さん周知の事実だったらごめんなさい。。。(-_-;)。)
[PR]
by Alamimo | 2006-09-29 12:18 | 日々の出来事

今度の週末も軽井沢

いよいよN建築士さんと現場へ(^^;)。途中八ヶ岳近辺のNさんが設計したお宅を拝見させていただけることになった。「木漏れ日の庭で」の著者の中谷さんにもお会いできるそう!AGさんが貸してくださったこの本は、今2回目を読み終わりつつある。中谷さんのユーモアのセンスが何だか響くのであった。

話は変わるけれども軽井沢に「しいある倶楽部」というものがある。どういう団体かイマイチ不明なのだが、軽井沢町内の不要な樹木を無料で引き取ってくれるというのだ。AGさんが確認してくれたところ、かなり大きな木であっても重機やクレーンを入れて伐採もしくは移植をしてくれるのだそう。でもMollyは大きすぎて移植は無理だろうなぁ。

私は土曜日に1泊する予定でいるので、AGさんが日曜日に軽井沢に来てくれて、どの木を伐採するか決めようということになった。土曜日中にNさんにも、どの木が不要な木かを聞いておかなければ。
[PR]
by Alamimo | 2006-09-28 12:58 | 土地

降って湧いた話

昨日同じマンションに住むある方からメールが来た。「お引越しをされると聞いたのですが、今のマンションを賃貸に出すなら貸していただけませんでしょうか。」といった内容。びっくりした。今のマンションの知り合いには引っ越すとは一言も言っていないからだ。恐らく「引っ越したい」というのが、いつのまにか「引っ越す」ということになってしまったんだろうけど。

来週お会いして話をすることになった。ご自分で会社を経営されている方で、きちんと法人契約します、とおっしゃってくださった。元々賃貸に出すつもりでいたので、とてもありがたい話である。でもペットも飼っていらっしゃらないし、恐らく大変きれいに住まわれている方々だと思うので、どんなにきれいにリフォームしても猫4匹がいたうちの部屋の痛み具合(特に床)にはびっくりされるかと(-_-;)。

ちょっと先走ってしまうけれども、もし早めに賃貸契約が成立しそうなら、軽井沢で短期で入れる家を探して引っ越してしまえば、という案が出た。そうすれば実際に家の建築が始まってからも頻繁に見に行けるし、いいのではないか、と。う~~む。。。猫4匹を受け入れてくれて、短期で安く貸してくれる大家さんがいらっしゃるだろうか。う~~む。。。
[PR]
by Alamimo | 2006-09-27 13:06 | 日々の出来事

会津紀行その3

c0087863_10571385.jpg
会津若松城、通称「鶴ヶ城」。会津藩公行列のあった23日の夜にお城で薪能が催され、会津能楽会のメンバーである母親が装束付けの手伝いに行くというので、私もお城に行ってみた。お城も久しぶりだ。
c0087863_10573067.jpg
暗くなる前に謡や仕舞が始まる。お城のライトアップが始まっている。
c0087863_10574522.jpg
すっかり日が落ちて、薪に火が入る。マイクの前でしゃべっている人は、たぶん私の高校のときの生物の先生である。

続きを読む。
[PR]
by Alamimo | 2006-09-26 20:22 | 日々の出来事

会津紀行その2

c0087863_1050336.jpg
雪国の秋の庭に咲いているとは思えない、ハイビスカス似の大輪の花。夏の残り花だそう。母は名前は覚えていなかった。
c0087863_1050228.jpg
秋のお彼岸は会津祭りの季節である。帰るまでちっとも思い出さなかった。私が子供の頃は大名行列、もしくは白虎行列と呼んでいた、「会津藩公行列」。暑い中市内を一日中練り歩くので、参加する人は大変。幕末の会津藩の人々が勢揃い。

c0087863_10545411.jpg
会津藩の隊列は年齢の若い順に白虎隊、青竜隊、朱雀隊、玄武隊と編成される。ボーイスカウトの男の子を除いて、これは白虎隊。
c0087863_1055978.jpg
青竜隊。
c0087863_10552490.jpg
朱雀隊。玄武隊は黒尽くめになる。黒尽くめがいっぱいいて、よくわからなかった。

続きを読む。
[PR]
by Alamimo | 2006-09-26 20:13 | 日々の出来事

会津紀行その1の続き

c0087863_10372937.jpg
裏磐梯高原ホテル。

今回の帰省は車でなく、新幹線で。郡山駅で乗り換えるときに、あんまり天気がいいから、そうだ会津に着いたらレンタカーを借りて母と裏磐梯にドライブに行こうと思い立った。駅到着後、即駅レンタカーへ直行。予約はしていないけど、何か車はあるだろうと思う。そしてカローラがあった。駅レンで言われた。予約しておけば安くなるんですよー。そうなのだ、何とJR乗車券が20%オフ、特急券も10%オフになるのだ。し、知らなかったよ(T_T)。覚えておこう、トレンタ君。

c0087863_10374586.jpg
裏磐梯高原ホテルの裏庭の写真2枚目。見えている山は磐梯山。山肌が見えている部分は噴火で吹き飛んだところ。表磐梯と本当に様相が違う。

c0087863_1038035.jpg
紅葉はこの程度。東京でも今朝六義園で紅葉が始まったというのに。

続きを読む。
[PR]
by Alamimo | 2006-09-26 12:56 | 日々の出来事

会津紀行その1

c0087863_218323.jpg
今回の帰省中ずっといいお天気だった。

自宅で使う会社貸与のパソコンが新しくなり、いろいろなソフトが入っておらず、無線LANもつながらず大変不便である。とにかく写真を一枚アップ。裏磐梯高原ホテルの裏庭にある弥六沼から見た裏磐梯。左下に人が写っているのにアップして初めて気がついた。パソコンの環境が整ったら残りをアップします。
[PR]
by Alamimo | 2006-09-25 21:11 | 日々の出来事

ペチュニア

c0087863_16383372.jpg
敬老の日に母親に送ったペチュニア「さくらさくら」。

大変丈夫な花らしく、戸外でマイナス10℃でも越冬するそうだ。母親がひ弱な花かと思って大事に室内に置いていたのだが、外に出したら花の色が濃くなった気がする。
[PR]
by Alamimo | 2006-09-24 16:38 | 草花

今日は

N先生との第二回打ち合わせ。会社を早退してまで早めにN先生のオフィスへ出向く。

またしても自分の素人ぶりが嫌になってしまった。まあほんとに素人なんだから仕方がないけど、家を建てるというのに、こんなに無知でいいんだろうかと思う。いいんだよね?逆にプロとしてのN先生がどういう考えを持っているか、ということにどんどん興味を引かれていく。

希望の坪数と部屋数を伝える。多少大きめの家になってしまうが、建坪35坪の3LDKでお願いしてみた。総二階建てにして、リビングを2階に、という案も出してくださったのだが(私自身はそのアイデアはすごく好き)、母親に長くいてもらうためには、母親が2階に行くことなく、1階ですべての用事が足りるようにした方がいいと思うとお伝えした。結果として、1階にLDK、バス、トイレ、母の部屋。2階に寝室2部屋という贅沢な家になりそうだ。あと2階にトイレも必須(^^;)。本当は30坪程度で抑えたかったのだが、そうなるとかなりリビングが狭くなってしまう。

キッチンはオープンかクローズドかという問題。私は恥ずかしいのでクローズドがいいと思ったけれども、やっぱり寂しいからあっさりオープンに変更。でも炊飯器などの生活臭漂うものはできるだけ隠す方向で。

土地の調査も依頼してくださるという。平な地面だと思っていても微妙に高低差が生じている場合があるので、その調査は必ずしなければならないのだそう。実際にMolly'sのどの当たりに家を建てるか、ガレージはどうするか、など再来週に一緒にMolly'sへ行っていただいて大体のことを決められたらと思う。目標は来年の3月着工、7月竣工だ。

話は変わるけれども、一昨日AGさんがランドスケープデザイナーである中谷耿一郎さん著の「木漏れ日の庭で」という本を貸してくださった。ご自身が住まわれている八ヶ岳の家について書かれている本で、非常におもしろい。「五体倒地スキー」というのがお気に入り(^^;)。写真も美しい。
[PR]
by Alamimo | 2006-09-19 21:59 |