家具大体決まる

ヤマギワで大体家具を決めてきた。前回見たものとほぼ同じだが、ダイニングテーブルの色だけ濃い目の茶色から薄めのメイプルという色に変えた。濃い茶色だと先に届いているartekのスツールとのバランスも悪くなる。ダイニングチェアはヤマギワでは扱ってないarflex社のものになりそうだ。と、偉そうに書いているが、ソファのブランドのザノッタとか、このarflex社とか、スツール買ったartek社とか、全然知らなかったのであった。イサム・ノグチの顔がほぼ外人顔だなんても知らなかった(^^;)。(昨日ヤマギワに写真がかけてあったのを見た。)

ソファとテーブルはこれからすぐ製作に入るということだが、年内配送はむずかしいかも、だそうだ。すぐに手配できるラグとFritz HansenのEasy Chairだけ送ってくれると言うが、それだけでもありがたい。今は床にクッション重ねて座ってる状態だから。しかしそれもよくモモ君に取られるのであった。



ダイニングテーブルの色をメイプルに変えたせいで、昨日決めたブラインドのボルドーという色がまったく釣り合わなくなってしまったので、仕切り直し。NBさんに電話をかけて色見本帳を送ってもらうことになった。大体、すでに決めていた焦げ茶色のラグとボルドーは全然合わないじゃないか。自分の色のセンスを疑ってしまう。ボルドーは、ほんの少し光が通って見えていたカタログの写真がとてもきれいだったので、いいかなと思って選んだのだが、この期に及んで木製ブラインドに未練たっぷりだ。ううう、困った。

そしてどこからか「妥協はしない方がいい」という声がぁ・・・。(自分の声ではありませぬ。)

写真は枯葉が落ちるのを見つめるモモ君。私もこんなに枯葉が舞い散る只中には住んだことがない。ハラハラという感じではなく、ほんとにざーっと降るように落ちてくる。

今朝は大雨だけれども、コンクリートに打ち付ける雨と、枯葉の積もる地面に落ちる雨では、ほんとに風情が違う。都会とは違う、と思うことがこれからどれだけ出てくるだろう。

見ておわかりの通り、モモ君、実はけっこうムチムチたくましいのでした。尻尾もぶっとい。猫と狸のハーフです(ウソ)。
c0087863_7492976.jpg

[PR]
by Alamimo | 2007-11-10 08:00 | 家具・家電
<< またまたモモ君 ああ、木製縦型ブラインドって… >>