開発行為許可申請

今日軽井沢の不動産屋さんが来てくれた理由は以下の件でした。

今までは山林から宅地に変えるのに開発行為許可申請書を出す必要はなく、Molly'sの土地についても軽井沢町は申請はいらないと言っていた。ところが県側が突如申請を出せと言ってきたもの。これによって業者は雨水浸透トレンチや消火栓を設置しなくてはならなくなり、所有者にも同意書(要実印)と印鑑証明を出してもらわなければならない。

ということでわざわざ東京までお越しいただいたというわけだ。売主の不動産屋さんもこんなことは初めてで、びっくりしてしまったとおっしゃっていた。本当に驚いたらしい。夜も眠れなくなったそうだ。

ちなみに私が提出する同意書は「開発の妨げとなる権利を有する者の同意書」となっている。実際に権利を行使して開発を妨げる人もいるのだろうか。今回の件では、私にはその同意書を提出する義務が発生しただけで、いろいろな設備の金銭的負担はすべて業者だという。業者受難の日々が続くと嘆いておられた。

仲介の方の不動産屋さんが何軒か賃貸の物件を案内してくれたが、今の家具と猫4匹にはかなり狭い。軽井沢は賃貸物件は絶対数がとっても少ないんだよな。仮住まい探しは難航を極めるか。
[PR]
by Alamimo | 2006-10-05 06:11 | 土地
<< 国際クマ会議 栗の木 >>